第9話 悲しき献身・・・
はい、悲しき恋歌です。

待ちに待った第9話!
前回見逃した第8話はレビューサイトまわりまくってチェックしときましt



さて、傷心中のヘインですがいきなり自殺未遂!
ゴンウが間一髪で助けます、ゴンウかっこよいですねぇ。
生きてジュンヨンの愛を貫け!というセリフにヘインも泣き崩れてしまいます。
その後ヘインの手術代のために車を売ったり、かなり株をあげたんじゃないでしょうか。

ゴンウのおかげ(匿名にしてますが)で手術を受けられることになったヘインですが
ジュンヨンがいないから何も見たくない、見えなくていい!と手術を拒絶します。
それをミスクおばさん、家を出るという強行策で説得させます。ほんといい人だ(ノ∀`)
今日の号泣はここでした。・゚・(ノД`)・゚・。
噂ではミスクおばさんは白血病かもと言われてますが、幸せになってほしいものです。

一方韓国では、帰国したジュンヨンに徴兵の令状が届きます(韓国では兵役が義務)
しかしチャーリーとファジョンの両親はいいキャラしてますネ(笑)

そして1年がたちます。

ジュンヨンは兵役を終え、ヘインは普通に働くようになりました。
ていうかドミノピザですk
ヘインのジュンヨン当てのボイスレターが300通越えてたのがちょっとせつなかったです。
たしか100通くらいから届いていないはず・・・
ジュンヨンが死んだと知らされたあとも録音し続けたんですね・・・。

そんなジュンヨンへの愛を忘れられずにいるヘインに、なんとゴンウがプロポーズします。
ゴンウ空気読めよ!11!11!!
当然玉砕、人生初の敗北を味わうことになったゴンウ。
ミスクおばさんがこれを知って、ヘインに幸せになってほしいと説得します。
これが効いたのか、ゴンウが卒業するころにはいい仲に。
おばさんがフォローしまくったんでしょうねぇ(笑)
そしてゴンウが二度目のプロポーズ、一緒に韓国に帰ることになりました。

兵役を終えてから、軍で知り合った人の工事現場で働くジュンヨン。
そこへゴンウから携帯に電話が入ります。
そして、感動の再会!のはずなんですが・・・・・・・・

なにこのゴンウ!
感動の場面が台無しじゃないかあああああああああっ
オールバックにダサグラサンとかまじありえNEEEEEEEEE
40代のおっさんか、おまいは!

と、それは置いといて
最愛の人を紹介すると車の中から出てきたのは・・・

そう、パク・ヘイン
ジュンヨンが愛し、そして愛されていたパク・ヘインです
なんて悲しい運命なのでしょうか。
幼少の頃に視力を失ってるヘインは、ジュンヨンの顔をもちろん知りません。
一方のゴンウも、ヘインの愛していたジュンヨンが
親友のジュンギュ(父元のジュンヨンの名前)であるなど夢にも思っていないでしょう。
事業を起こすと言っていたゴンウですが、
恐らく作曲家にジュンヨン、歌手にヘインで音楽界に進出を考えていたのではないでしょうか。
この先の三角関係がどうなってしまうことやら。。


にしても今回は最後のゴンウのファッションで全てぶち壊しだっと思いますヽ(`Д´)ノ
[PR]
by una-ju | 2005-06-26 06:02 |
<< パリの恋人 第8話 絶望のヘイン >>